実際の支援

身体に色々な障害を抱える方のために支援したいと思っている方は多いでしょう。そのような方におすすめなのが、障害者雇用です。障害者雇用では、自らの企業に障害者を招いて仕事をしてもらうことができます。健康な人と同様に障害者の方にも仕事をしてもらうのです。
障害者雇用には、障害者の方にとって大きなメリットがあります。まず、お金を稼ぐことができるメリット。そして、仲間ができたり、社会に進出できるというメリット。自分の長所や協調性を向上させることも可能です。
また、障害者雇用には特別なメリットもあります。それは、国から支援が出るという点です。国から支援が給付されるので、仕事や生活の足しにすることが可能です。仕事への意欲もいっそう高まるでしょう。
なお、この障害者雇用における給付金は、企業側にも支給されます。障害者雇用を受け入れた企業にも国から給付金が支給されるのです。
この給付金制度には色々な種類があり、障害者1人あたりに支給されるものもあれば、複数人の障害者を雇用した場合に支給されるものもあります。 障害者トライアル雇用奨励金といった障害者を試行的に3カ月間雇い入れた場合に支給される助成金もあります。
障害者雇用における助成金には数種類の種類があり、どれも特徴や条件が異なります。
障害者雇用を行う際には、前もって雇用条件を決め、それをもとに厚生労働省にお問い合わせください。
あなたの障害者雇用の条件によっては、助成金が支給されるかもしれません。