実際の支援

実際の障害者雇用の支援には様々な種類があります。雇用に際しての義務数以上の人数で受け取れる「納付金制度」や、「障害者作業施設設置等助成金」など、行政による取り組みは障害者本人だけでなく、企業側へもあります。

障害者トライアル雇用

事業所で働き続ける事が出来る人材かどうか試したい、とうのは多くんお障害者雇用へ望む事業主からある要望です。その為に、障害者トライアル雇用事業などを行なっています。事業と障害のある方双方の理解を深める役割があります。

継続雇用の支援

在職中に、事故や病気で障害者になった場合ででも、継続雇用の支援があります。この障害者雇用支援では、職場で働き続ける為に、障害のある方と事業主に対しての種々の支援策を利用することが出来ます。

障害者雇用とは

厚生労働省では、障害者雇用推進法の概要として、下記のような制度をHPなどで公示しています。
「雇用義務制度」と呼ばれるものです。
内容としては、各事業主に、身体障害者や知的障害者の雇用を義務付けるもので、その目標値が設定されます。
民間企業であれば、雇用する従業員に対して2.0%、障害のある方の雇用をするよう決められています。
この障害者雇用率は、民間企業であるか、国や地方公共団体、特殊法人などであるかで異なっています。

また、障害者雇用納付金と障害者雇用調整金という制度も存在します。
障害者雇用の雇用率に対し、未達成だと、その不足人数1人について毎月5万円の納付金を納めなれればなりません。
逆に、障害のある方と雇用率以上の人数雇入れた場合、調整金が支給されます。
調整金は超過1人につき2万7千円です。
これらは、平成27年3月までは常用労働者が200人超えの企業のみへの措置でした。
しかし、改正により、平成27年4月以降は常用労働者が100名を超える企業でも実施となりますので、注意が必要です。

このように、行政の取り組みにより、障害者雇用を促進する社会になりつつあります。
義務規定の数値や、その障害者雇用率の未達成に伴う納付金などの措置は経済的負担であります。
しかし、障害のある方の雇用を促進する事で、得られるメリットも企業側にはあるのです。
しっかりと制度を理解する事が、今後の企業運営にとって必要なことです。